株をやる前に必ず株の知識を学んでおきましょう。株の仕組みについてしっかりとした知識がないと運用することが難しいです。こちらでは株をこれから始められる方のために、株の基礎知識をご紹介していきます。

資産の一部を日本通運などの株にするメリットは

将来のことを考えて資産を蓄えているという人は多いものですが、そのような人達の大半が現金を残しているパターンとなっています。
日本円は世界的にも非常に信用のある通貨であるため、資産として保有をするには悪くないのですが、それだけでは大事な資産をただ目減りさせてしまうおそれがあります。
お金の価値というのは常に一定のものではなく、1万円で買うことができていたものが11000円に値上がりした場合相対的にお金の価値というのが下がってしまうことになります。
インフレ傾向が強くなると、現金の価値というのは目減りしやすくなってしまうので現金で保有をしておくというのは、ただ資産の価値を減らすことにほかならないのです。
超低金利の現代では銀行に預けていても、インフレを上回る金利どころか並ぶ程度の金利もありませんから、銀行預金はインフレが加速する現在には不利となってしまいます。

そこで、資産の一部を日本通運などのような株に変えておくというのは資産を守る上で価値のあるものとなっています。
日本通運のように堅い企業の株を保有しておけば、企業としての業績が変わらないとした場合社会情勢によって株価が決まることになり、インフレになれば日本通運の株価も上昇するということになります。
インフレになると日本通運の業績が変わらない場合、その時の株価というのは割安な水準になるので適正な水準になるように買いが入ることになります、そしてそこから更にインフレが加速した場合同様にそのタイミングのインフレ率にあった金額に株価が上昇することになるので、資産の一部を株にしておけばインフレによって大事な資産を目減りすることなく守ることができるのです。